ジオパーク、ヴィス諸島

Geopark

ジオパーク、ヴィス諸島

ジオパーク、ヴィス諸島

ヴィス島とその周囲をとりまくビシェヴォBiševo島、スヴェティ(聖)アンドリヤSveti Andrija島、ブルスニクBrusnik島、ヤブカJabuka島とパラグルージャPalagruža島から形作られ、さまざまな地形や風景を含むこの地理的エリアは、このたび、パプクに次いで、クロアチアで二番目のユネスコ・ジオパークに登録されました。

 

ヴィス諸島には、興味ぶかい地質学的起源をもつ岩石層のきわめて特異な地質学的魅力がもりだくさんです。堆積構造をもつアドリア海のほかの島々と異なり、ヴィス諸島、なかでもアドリア海の黒いピラミッドの異名をもつヤブカ島とブルスニク島周辺エリア、さらに、ヴィス島の内陸部は、二億二千万年前の火山岩で形成され、これらはアドリア海エリアの火山岩としては最古のものです。

Ivo Pervan / Geopark Viški arhipelag

ビシェヴォ島のモンクアザラシMedvidina洞窟は、アドリア海域で一番長い半海底洞窟。その一方で、青の洞窟は、もっとも訪問者数が多い洞窟であることは確実です。

ヴィス諸島には、このほかにも、ヤブカ島やブルスニク島といった火山島やスティニヴァStiniva入り江、ラヴニクRavnik島の緑の洞窟などの地質学的自然モニュメントがあります。ヤブカ小島は、コミジャKomižaからほんの30海里沖合の島で、火成岩からできています。この海域を航海するのは、きわめて危険。その理由は、岩に含まれる磁鉄鉱がコンパスをくるわせるからだけでなく、海底が深く、入り江がないことから、係留が難しいためでもあります。そのためか、この島は固有種黒カルストトカゲ類のほか、数多くの固有植物の生息地となっています。

 

コミジャにもう少し近いのは、ブルスニク島。こちらもマグマ形成で、ちょっと独特の外観で知られています。ブルスニクのビーチは、さまざまな大きさの灰色の小石でおおわれ、島の中央部には、コミジャの漁師たちが、つかまえたロブスターを置いておくためにプールに作り変えた海水を貯めたくぼ地があります。ヴィス諸島最果ての島、パラグルージャは、ペラゴサイトpelagositeとよばれるユニークな鉱石が初めて発見された場所として、特に興味をそそります。

Aleksandar Gospić

岩の断崖に取りかこまれた細長い入り江、スティニヴァ入り江は、多くの人によって、この世に存在するもっとも美しいビーチだと考えられています。ここは、美しい緑の洞窟が位置するラヴニク島と同様に、重要景観として保護されています。

Ivo Pervan / Geopark Viški arhipelag
ヴィス諸島は、地中海に10か所ある天国のようなオアシスの一つ。ムリェット島とラストヴォ島とあわせて、アドリア海ブルー回廊、すなわち地中海域最大の生物多様性をほこるゾーンを形作っています。ここは、エレオノラ・ハヤブサやオニミズナギドリ、ヒメミズナギドリのような外海特有の鳥類を含む126種類もの鳥類だけでなく、バンドウイルカのように特別保護種として保護されている種の生息地なのです。

コンタクト

ダルマチア - スプリト地域